top of page

動物病院で働くなら一次診療と二次診療どっちがいい?|それぞれの違いを解説



犬を可愛がる女性獣医師

動物病院で働こうと思った時に、どのような施設で働くのが良いのか悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回はそういった方のために、動物病院での一次診療施設と二次診療施設の違いや、どんな人が一次診療施設で働くのがいいのか、どんな人が二次診療施設で働くのがいいのかを解説していきます。


目次





一次診療施設の役割と特徴


ラブラドールと写真に写る獣医師


一次診療施設は一言で言うと「かかりつけの町の獣医さん」ですね。

一次診療施設では「予防医療」から「一般的な病気や怪我の治療」を行っています。

予防医療」では狂犬病、混合ワクチン接種やノミ、ダニ、フィラリアなどの寄生虫の予防、健康診断、避妊手術、去勢手術を行うことが多いです。

一般的な病気と怪我の治療」は例えば皮膚が痒い、下痢をしている、嘔吐がある、なんとなく元気がない、咳をしているなど幅広い症状に対して病気を診断し治療することを指します。

一次診療施設ではこれだけ幅広い知識と対応力を身につける必要があると言えますね。

また、施設によっては異物誤食後の胃切開術や腸切開術や膀胱結石に対する膀胱切開術など、一般的な腹部の外科手術まで対応することもあります。

幅広い基本的な医療を提供し、地域の動物たちの健康を守るのが一次診療施設の役割と言えますね。




二次診療施設の役割と特徴

手術室にいる医師たち

二次診療施設は人間の医療で言う大学病院のように専門性のある動物病院のことです

二次診療施設では「専門医療」を扱っています。

例えば心臓に強い循環器科専門の動物病院や眼の病気に強い眼科専門の動物病院などですね。

二次診療施設では一般的にワクチン接種や避妊手術、去勢手術などの予防医療を扱わないことが多く、その施設が専門としている診療科のみに特化して獣医療を行っています。

飼い主様の中にはご自身でその動物病院を調べて来院される方もいますが、多くの場合は一次診療施設からの紹介で動物たちを診察することが多いです。

一次診療施設で対応不可能な難病の治療を二次診療施設で行う」といったイメージですね。


ちなみに最近では、普段行っている獣医療は一次診療施設の形態に近いけど、特定の診療科に強みを持つ、1.5次診療施設という動物病院も増えてきています。

紹介という手順を踏まずにシームレスに専門診療まで行えるのが1.5次診療の強みですね。


設備とスタッフの違い

一次診療施設の設備は二次診療施設の設備に比べると一般的なものが多いです。

一次診療施設では血液検査、レントゲン検査、超音波検査が行える設備が揃っているのが一般的ですね。

二次診療施設では、その施設が特化している診療科に必要な高度な医療機器が揃っています。

例えばCT、MRI、特殊な外科器具などですね。

逆に診療科によっては、一次診療施設に一般的に置いてある医療機器が置いていないこともあるので、注意が必要ですね。


一次診療施設と二次診療施設では在籍するスタッフにも違いがあります。

まず一次診療施設のスタッフには専門的な知識よりも幅広い知識や能力を求められます。

また、健康な動物の診療を行うことも多く、飼い主様の生活との距離も近いため、飼い主様の何気ない相談事に乗ることもあり、距離感の近いコミュニケーションスキルが求められることも多いですね。

中にはそのコミュニケーションスキルを活かして、歯磨きセミナーやパピーパーティーを行うスタッフも見られます。

二次診療施設のスタッフは一次診療施設のスタッフとは異なり、幅広い知識よりも専門的な知識が求められます。

二次診療施設では一次診療施設では対応不可能な難病を対応しますので、藁にもすがる思いで来院される飼い主様も多いです。

そのため、飼い主様に寄り添いながら的確なアドバイスをできるコミュニケーションスキルが求められることも多いですね。



一次診療施設で働くのに適している人、二次診療施設で働くのに適している人

エリザベスカラーをつける獣医師

一次診療施設で働くメリットには

予防から一般的な病気や怪我まで幅広く診察ができる。

飼い主様と距離感の近いコミュニケーションができる。

があります。

例えば、「町の獣医さんに憧れがある」「将来地元で開業するために幅広く知識を身につけたい

人と楽しくコミュニケーションを取るのが好きだ」という人は一次診療施設で働くと良いでしょう。

二次診療施設で働くメリットには

・一つの診療科に特化して診察することができる。

・病気と向き合う時間が長い。

例えば、「直接難病で苦しむ動物たちを助けたい」「将来認定医や専門医の資格を取りたい」「学会発表や論文発表に興味がある」という人は二次診療施設で働くと良いでしょう。


まとめ

一次診療施設、二次診療施設のどちらで働くのにも大きなメリットが存在します。

ご自身のキャリアプランや得意分野、そして何を一番大事とするかをよく考えて働く場所を選ぶと良いでしょう。


閲覧数:24回0件のコメント

Comentarios


bottom of page