top of page

愛玩動物看護師の働き方|国家資格化により働き方はどう変わった?



猫の歯磨きをする女性愛玩動物看護師

2022年5月1日、愛玩動物看護師法が施行され、今まで民間資格だった動物看護師という職業が国家資格化されました。

今回の記事では愛玩動物看護師の働き方がどう変わってきたのかを解説していきます。


目次


愛玩動物看護師とは

聴診器を持つアヒルと注射器を持つ猫

愛玩動物看護師は動物看護師を国家資格とした時の呼び名です。

主に犬、猫、愛玩鳥(オウム科、カエデチョウ科、アトリ科)といった愛玩動物を対象とした診療で獣医師を補助する仕事として、国家資格化されました。

元々は統一認定試験という民間資格がありましたが、実態としてはそれを取らないと動物看護師を名乗れないというわけではなく、動物病院で獣医師の補助をしている人であれば誰でも動物看護師と名乗れるという状況でした。

しかし、それでは獣医療業界のためにはならず、動物看護師の待遇を改善することが難しかったため、愛玩動物看護師という資格が誕生したのですね。

2023年2月19日に第1回愛玩動物看護師国家試験が実施され、合格者は晴れて国に認められた愛玩動物看護師を名乗ることができるようになりました。


国家資格化以前の動物看護師の働き方

国家資格化される前までは動物看護師の働き方はかなり曖昧でした。

受付業務、掃除、洗濯、動物の保定、診療補助、薬の調剤、在庫管理など、

「それって動物看護師の仕事なの?」

という仕事も多かったですね。

そのせいで動物看護師じゃなくてもできる仕事もやりつつ、獣医療に携わっていたため、

「自分のキャリアは今後どうなっていくのだろう…」

と不安に思っていた方も多かったようです。


国家資格化後の変化


うさぎを持っている女性愛玩動物看護師

国家資格化されたことによって変化した業務内容があります。

今まで行なっていた業務に加えて、獣医師の指示の下に伴う採血、投薬(経口など)、マイクロチップ挿入、カテーテルによる採尿などが可能となりました。

この業務は獣医師と愛玩動物看護師にのみ認められている内容ですが、国家資格化する前は獣医師にのみ認められた内容でした。

仕事の幅が広がったということですね。

当然のことながら、仕事の幅が広い国家資格を持った愛玩動物看護師は優先的に獣医療に携わるようになり、国家資格を持っていない者は愛玩動物看護師じゃなくてもできる仕事に優先的に携わるようになりました。

また、給与にも差が出始め、愛玩動物看護師の方が昇給の機会も多く与えられるようになりました。




愛玩動物看護師の未来

愛玩動物看護師という国家資格が生まれてから様々な取り組みが活性化してきています。

獣医師に腫瘍科認定医や循環器認定医がいるように、愛玩動物看護師でも認定資格を作る取り組みが行われています。

また、麻布大学などの獣医系の大学に新たに愛玩動物看護師の学科である動物保険看護学科が作られ始めています。

愛玩動物看護師の国家資格化を皮切りに様々な取り組みが行われ、愛玩動物看護師の地位向上に寄与しています。

今後は給与などの待遇面も向上していくのではないかと予想されます。


まとめ

トイプードルを持って空を見上げる女性愛玩動物看護師

2024年現在、愛玩動物看護師を取り巻く環境はどんどん変わってきています。

今後、専門科の認定看護師が誕生したり、キャリアアップしていく愛玩動物看護師が増えていくでしょう。

反対にキャリアアップの努力をしない愛玩動物看護師は努力をしている愛玩動物看護師と比べ待遇や収入の格差が開いていく可能性もあります。

時代の流れに振るい落とされないように注意をしていきましょう。


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page